内科・循環器内科・呼吸器内科・アレルギー科・小児科・糖尿病内科

医院紹介

ご挨拶

6月10日の時の記念日に開業して、11周年を迎えます。

あっという間に丸10年という時を歩んできました。無事に時を歩んで来られたのも、偏に皆様のお陰と心より感謝申し上げます。
これからも一日一日を大切に、優しい医療・安全な医療、そして何よりも皆様との信頼関係づくりを地域の皆様と共に努力していきたいと思っています。
これからも、ご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

医院長紹介
姓名金村 應文(かねむら まさふみ)
生年月日昭和30年2月9日
学歴
  • 昭和57年3月 延世大学医学部 卒業
  • 厚生省 日本医師免許受験資格合格(昭和57年10月)
  • 医師免許取得 昭和58年5月30日交付
  • 日本循環器学会 循環器専門医 日本内科学会内科 認定医
  • 医学博士 学位 平成7年取得 日本医科大学第一内科学
職歴
  • 昭和58年 日本医科大学第一内科 入局
  • 昭和59年 日本医科大学多摩永山病院 内科
  • 昭和60年 北村山公立病院 内科
  • 昭和61年 都立駒込病院 化学療法科
  • 昭和62年 鹿島白十字総合病院 内科
  • 平成 2年 日本医科大学集中治療室
  • 平成 7年  北村山公立病院 内科
  • 平成17年 日本医科大学 第一内科 客員准教授
  • 平成18年 北村山公立病院 副院長
  • 平成19年 12月 北村山公立病院 退職
  • 平成20年  3月 北村山公立病院 内科 委託医
  • 平成20年 6月10日 金村医院開院



山形県社会保険診療報酬審査委員 内科担当 平成13年6月~
山形県社会保険診療報酬審査委員 専門部会委員 平成17年6月~現在に至る。

所属学会
内科学会 循環器学会 高血圧学会 糖尿病学会 不整脈学会 老年病学会 抗加齢医学会 など

スタッフ紹介

今回は第32回目です。今月のテーマは「令和になって」です。

院長 金村 應文

「希望に満ち溢れた、新しい時代を切り開いていく」 そんな願いが込められて、「令和」という新年号が決められたという、総理からの言葉がありましたが、毎日の様に報道される「いじめ」のニュース。
家族のつながりだったり、他人への思いやりだったり、生きる上でのそんな基本を、皆が学び直さなければ成らないのではと思います。
笑い声の絶えない、そんな家族の姿だったり、友人関係だったり、絆で繋がる社会だったり、
令和が、そんな時代でありますように願います。

事務長 金村 恵美子

昭和に生まれ、平成で娘を授かり、息子を亡くし、令和では、どんな人生のイベントが待っているのでしょうかね?
生きている内にもう観戦する事の出来ない、日本で開催のオリンピック!
「スタッフ皆でオリンピック観戦に行きたいね!」と、チケットの申し込みを皆でしました。
開会式、皆で観戦し、令和の大きなイベントにしたいです(^_-)-☆
令和の一番最初のイベント「社員旅行inハワイ」
楽しんで来まーす。

相馬 明子 (看護主任)

正確に言うと、4月末の事ですが、我が家に生後3か月の柴犬が家族に加わりました。名前を主人が付けたのですが、令和の「レイ」君と申します。
長男が離れて暮らし始めて寂しかったのですが、新たな息子(次男)「レイ」と新しい元号を共に過ごしていきたいと思ってます。

大隅 愛 (看護師)

令和には「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」とゆう意味が込められているそうです。
昨今は心ない事件や事故が多くなっていますので日本人みんなが令和の意味を思いながら生活し、もっともっと住み良い日本になればいいなと思います。

石川 由紀 (事務主任)

「令和」になった5月1日の零時代に、私が子供の頃から兄のように親っているいとこに初孫が誕生しました。
「令和」になってまず最初の嬉しい事です。

菊地 富士美 (事務)

平成に変わった時は、昭和生まれが古いかの様に言われた気がしましたが、令和になった今、昭和・平成・令和と3つの時代をまたげた事を誇りに思い、気持ち新たに日々過ごしたいと思います。

安彦 清美 (事務)

平成から令和へ変わるときの日本は、新年のカウントダウンのような盛り上がりでびっくりしました。
3つ目の元号を生きることになりました。特に変わる事はありませんが「令和」の時代が災害のない平和な世の中であるといいと思います。

生田 保子 (看護師)

今まで野菜作りが楽しく、庭は草取りのみ行っていましたが、モクレンの木が枯れ、椿・ドウタンツツジなど枝折れが多数あり、令和になって庭をきれいにしたい
庭一面芝桜の群生にしたい(庭のまんなかにキャラの木もあり小さな庭ですが)と思い、畑の仕事の合間に少しづつ作業を始めています。
時間がかかると思いますが、楽しみです。

鈴木 吉美 (看護師)

新元号になって1ヶ月すぎましたね。皆様は何か変わりましたか?
令和になって私は何も変わりないです。この先何か変わるのでしょうかね?
何も変らずまた何十年後には元号が変わってそうですね。その時もまた新元号になったね~と話したいものです。

大場 憲雄 (検査技師)

このほど、天皇陛下の生前退位にともない、5月1日より、新元号「令和」となりました。TVによると、万葉集の「梅の花32首の序文」からの出典で初めて日本の歌集よりの引用だそうです。総理大臣の記者会見では「希望に満ち溢れた、新しい時代を切り開いていく」その他…と願いを込めましたが、私の願いは地震・津波・大雨などの水害・崖崩れのない穏やかな年号であってほしいと祈ってます。

スタッフ紹介

今回は第32回目です。今月のテーマは「ハワイ社員研修旅行に参加して」です。

院長 金村 應文

 ワイキキ(ハワイ)旅行は4回目ですが、今回は職員を同伴し、医院の研修旅行として行ってきました。
自転車を漕ぎながら、飲食店を廻るという「ペダルツアー」で一緒になったロサンゼルス在住のアメリカ人と仲良しになり、娘の住むロサンゼルスで再会するという約束をしました。
妻が「ポケトーク」という翻訳機でコミュニケーションを取りましたが、なかなか素晴らしい翻訳機でした。
またホテルのベランダから皆で一緒に見た、花火大会も最高でした。
職員と共有したひととき楽しかったです。2年後はイタリア旅行も考えています。

事務長 金村 恵美子

4度目のハワイは、社員旅行として、行ってきました。 「皆で時間の共有」見えない仲間の一面を知る時間として、院長や私を知ってもらう時間を過ごしてもらおうと毎年、皆で旅行に行くことにしている当医院ですが、
院長は、スタッフは家族!と良く言いますが
本当に笑いの絶えない、時間の共有が楽しいと思える良いスタッフに囲まれている、素晴らしい家族だなーと思います。
皆でこの先も、一緒に歳を重ねて成長していきたいと思います。

相馬 明子 (看護主任)

今回の旅行も、笑いの絶えない、楽しい時間の共有が出来ました。
ヒルトンホテルから見える、ワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッド、、そこに居るだけでハワイを堪能出来る最高の景色でした。
私が印象に残っているのは、ポリネシアンショーと、ペダルツアー。私達だからこその思い出ですが、二度と経験出来ないことで、最高に楽しかったです。
食べることを期待して、たくさん食べてきましたが、ガーリックシュリンプ、ロブスター、まぐろ、おいしかったです。
天候には少し恵まれませんでしたが、とても充実した5日間で、あっという間でした。準備していただいた医院に感謝します。

大隅 愛 (看護師)

ホテルは、私はもう二度と泊まれないであろう素敵な所で、ベランダからの眺めも絶景で、最終日の花火は最高でした。
現地の方、他の観光客の方々が皆親切で、レストランに勝手に入ってくる鳥にも誰も文句を言わず、毎日気持ち良く過ごすことが出来ました。来月にまたすぐに行きたいくらい楽しい思い出が沢山です。旅行の機会をいただいた院長、事務長、そして頑張って準備してくださった幹事の相馬さんと安彦さんに感謝します。再来年は、私が頑張りまーす!!

石川 由紀 (事務主任)

人生、2度目のハワイ
常日頃、事務長から「時間を共有することは大切」と言われてますが、今回の研修旅行でも、長い時間スタッフと一緒に居る時間で新たな発見も出来ました
新婚旅行とはまた違い、ワイワイ仲間で美味しい物を沢山食べて、飲んできまたいつか、もう1度行きたいと思ってます

菊地 富士美 (事務)

初HAWAII
天気はいまいちでしたが、とても楽しかったです。
最後の夜に皆で見た花火は圧巻で印象的でした。
飲んで、食べて、沢山笑って、エネルギーチャージ!!
思い出増し、体重増し増しで帰って来ました。

安彦 清美 (事務)

いろんな感動がありましたが、私は自然について感動した事を書きたいと思います。
①4日目のワイキキビーチは、すごく綺麗でオーシャンフロントのレストランは心地よく気持ちいい風で癒されました。
②ハレイワのビーチでウミガメを見ました。海岸に藻が生えているので、それを食べに来ながら甲羅干しをするのだそうです。3匹は見ました。
③バニヤンツリー。上から樹の根が下へ垂れ下がり、地面に達して太い幹を作っていく木。神秘的に感じる木ですが、幹と幹の間から顔を出したりして「ひょっこりはん」で写真をパシャリ!と。
やっぱり笑いの絶えない金村医院でした。

生田 保子 (看護師)

いいねーハワイ 広い部屋、ベランダから眺めた花火、夜景とってもきれい
早朝にきつーい階段を休み休み汗びっしょりで登ったダイヤモンドヘッド. ポリネシアンショウではマジシャンのトランプの手品すごかったですね、まさかねーそのマジシャンの相手役を務める事になるとは…。でも皆さんを笑いの渦に巻きこみ、自分も笑い楽しかったー
天候にはめぐまれませんでしたが、ハワイの海でも遊べたし、すごーく楽しい旅行になりました。

鈴木 吉美 (看護師)

私は残念ながら研修旅行に参加しなかったので、いつか息子が成人する前に家族で海外行ってみたいなと思います。

大場 憲雄 (検査技師)

今回は「常夏の島ハワイ」へ行ってきました。島内観光を行なったわけですが、テレビで見るような、ダイヤモンドヘッドやワイキキ、カメハメハ大王像、さらにハワイ特有の木々など、よく写真で見る風景が広がり、非常に感動しました。特に、真珠湾では「戦艦ミズリ」を身近に見ることで、身が引き締まる想いでした。今後は違う見方で訪れてみたいものです。

スタッフ紹介

今回は第32回目です。今月のテーマは「10月」です。

院長 金村 應文

10月は気候が落ち着いて、晴れの日も多く空もすみわたってきれいで、過ごしやすい季節ですね。
9月は「十五夜」が有名ですが、10月にも月を愛でる「十三夜」があり、月が綺麗です。
空が澄んでいるので、夜空に浮かぶ月もとても美しく見る事ができますね。
夜空の月を見上げながらの、お酒も楽しんでみたいと思っています。

事務長 金村 恵美子

10月の花といえば、ガーベラ(誕生花)、パンジー、りんどう
寒さにも強く、これから寒くなる冬にも綺麗な姿を楽しませてくれますね。
10月の食べ物といえば、柿、栗、かぼちゃ、鮭、キノコ類・・・・
秋の真ん中ということで、秋らしいと感じる食べ物が多いですね。
気候がとても良い10月ですので、行楽も食も、特に大好きな栗を食べ、季節を満喫したいと思います。

相馬 明子 (看護主任)

春に我が家の一員となった柴犬。今では彼中心の生活になってます。娘の希望で飼い始めたのが、いつの間にか夫が一番かわいがってます。
私にとっては、子供が増えたようで癒しとなり、一緒に遊ぶことがストレス解消になってます。
この秋の休みには、一緒に出かけたいと思ってます。

大隅 愛 (看護師)

10月といえばハロウィンです。小さな飾りかぼちゃに顔を書いたり装飾をして、友人の子供達にあげるととっても喜んでくれます。またハロウィン風にフラワーアレンジメントをして、玄関に飾ると、かぼちゃのオレンジ色にあたたかみや楽しさを感じます。
これから寒くなりますので、今年もかぼちゃのオレンジ色に癒されたいと思います。

石川 由紀 (事務主任)

「食欲の秋」
ここ数年、ラーメンにハマってます。
噂の人気店はほぼ制覇しているかもしれません(笑)
佐野ラーメンや喜多方ラーメンは勿論ハシゴ!
まだまだダイエットは遠い…私です

菊地 富士美 (事務)

増し増しの体重を何とか元に戻し、迫り来る健康診断に向け、更に頑張っている私に忍び寄って来る食欲の秋・・・・・・
スポーツの秋、読書の秋はなぜ寄って来ないのか…(*゜▽゜)
いやいや、この秋は一冊本を読みたいと思います!!
読書のお供にコーヒーとスイートポテトを準備して(^.^)

安彦 清美 (事務)

10月は私の誕生月で好きな月です。
私の高校の運動会は誕生月で分かれていて9・10・11月が秋組でした。運動能力が低いのか3年間4位でしたが、組対抗のダンスは1位を獲っていました。
今も組分けは変わっていないようですが、万年4位は抜け出せているのでしょうか?

生田 保子 (看護師)

10月は収穫の秋。
今年のさつまいも掘りはすごーく楽しみにしている1つです。
それは昨年、つると根っこのみでさつまいもが1個もついてなかったのです。がっかり。どうしてかなー?
でもめげずに今年挑戦して間もなく収穫です。
さつまいも食べれるかなー。楽しみです。

鈴木 吉美 (看護師)

10月になりましたね~ 皆さんは「もう10月!?」「まだ10月!?」どちらですか?私は「もう10月!?」です。 あっという間に過ぎてしまいました…
私にとって10月11月が勝負の時なのでこの2ヶ月間いろんな意味でがんばろうと思います。

大場 憲雄 (検査技師)

秋風が肌に”ひんやり”感じる今日この頃、山形といえば「いも煮会」のシーズンがきました。
先日、東根市の「第26回スポーツ&レクリエーション大会」が行われました。終了後は地区全体で「いも煮会」年に一回の交流会です。
”ちょっと食べ過ぎました。”血糖も上昇気味です。秋は美味しい食べ物が多いので、誘惑に負けないように、体のために注意していきたいと思います。