内科・循環器内科・呼吸器内科・アレルギー科・小児科・糖尿病内科

医院紹介

ご挨拶

6月10日の時の記念日に開業して、10周年を迎えます。

あっという間に丸9年という時を歩んできました。無事に時を歩んで来られたのも、偏に皆様のお陰と心より感謝申し上げます。
これからも一日一日を大切に、優しい医療・安全な医療、そして何よりも皆様との信頼関係づくりを地域の皆様と共に努力していきたいと思っています。
これからも、ご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

医院長紹介
姓名金村 應文(かねむら まさふみ)
生年月日昭和30年2月9日
学歴
  • 昭和57年3月 延世大学医学部 卒業
  • 厚生省 日本医師免許受験資格合格(昭和57年10月)
  • 医師免許取得 昭和58年5月30日交付
  • 日本循環器学会 循環器専門医 日本内科学会内科 認定医
  • 医学博士 学位 平成7年取得 日本医科大学第一内科学
職歴
  • 昭和58年 日本医科大学第一内科 入局
  • 昭和59年 日本医科大学多摩永山病院 内科
  • 昭和60年 北村山公立病院 内科
  • 昭和61年 都立駒込病院 化学療法科
  • 昭和62年 鹿島白十字総合病院 内科
  • 平成 2年 日本医科大学集中治療室
  • 平成 7年  北村山公立病院 内科
  • 平成17年 日本医科大学 第一内科 客員准教授
  • 平成18年 北村山公立病院 副院長
  • 平成19年 12月 北村山公立病院 退職
  • 平成20年  3月 北村山公立病院 内科 委託医
  • 平成20年 6月10日 金村医院開院



山形県社会保険診療報酬審査委員 内科担当 平成13年6月~
山形県社会保険診療報酬審査委員 専門部会委員 平成17年6月~現在に至る。

所属学会
内科学会 循環器学会 高血圧学会 糖尿病学会 不整脈学会 老年病学会 抗加齢医学会 など

スタッフ紹介

今回は第27回目です。今月のテーマは「フリートーク」です。

院長 金村 應文

8月末から、9月末迄妻がヘルニアで入院。
そのお陰なのか、
我が家の3匹のワンちゃん達が私に慣れ、私からの食事を食べてくれるようになったんです。
特に一番ちび助のココアは、食事をねだり、抱っこをねだり、一緒に寝る様になりました。
大変だったけど、なんか癒される1か月でした。
仕事終わってから毎日お見舞いに通った自分にも勲章(^_^)vですね。(笑)
今月からは、妻も帰ってくるので、ワンちゃん達が妻オンリーにならないか心配です。私に抱っこさせてくれ(T-T)

事務長 金村 恵美子

私は、
9月にヘルニアの手術をして1か月入院し、9月末に退院してきました。
『頑張って!!』と動画を送ってくれたり、見舞いに来てくれたスタッフに、又忙しい中、毎日仕事が終わると病院に来てくれた主人に感謝をしています。
人に感謝する気持ちを忘れて過ごしてしまう中、そんな【感謝】を思い出す入院で、皆さんには迷惑をかけましたが、良かったのかも知れないと思う入院期間でした。
これから、いよいよインフルエンザ接種も15日から始まります。
うがい、手洗いをしっかりしましょう。

相馬 明子 (看護主任)

先日、約20年ぶりに仙台に住んでいる友達と会いました。
私が引越したこともあり、これまで年賀状のみのつながりでした。
全く変わらない、というか昔に戻っての会話。お互い、子供は?仕事は?と話は弾み、しゃべりっぱなしの時間で楽しかったです。
元気をもらって帰ってきました。

大隅 愛 (看護師)

果物の美味しい時期ですね。先日「美晴(みはる)」とゆう品種の桃を頂きました。とっても大きくてまるで赤ちゃんのお尻のようでした。 美晴は硬い桃で、置いても柔らかくならない品種です。硬いので甘くないのかなー?と思ってたのですが、甘みもしっかりあり、風味も良く美味しかったです。 桃の生産者の方は「美晴(みはる)でなく「見栄張る(みえはる)」と言っていると笑っていました。確かに大きさも味も見栄を張れる桃だと、私も思いました。

石川 由紀 (事務主任)

9月の連休で2年ぶりに東京に出掛けて来ました。
むこうに住む、お祭りでお神輿担ぐのを趣味としてる友達から「なかなかない機会だから一緒に参加しよ!」と誘われ、新宿の「成子天神」のお神輿を担ぐことに!!
独特のあの掛け声に、ズッシリ肩にのし掛かる重さ、すべてが初めての体験でした。
夜は同級生6人で酒盛り!久しぶりの都会で満喫した時間を過ごしてきました。

菊地 富士美 (事務)

子供の送迎という任務がなくなり、ほぼ毎日晩酌をする様になりました。
20代~30代前半は飲まなくてもよく、飲んでも甘いお酒。
30代後半で知った「この苦味がいいのよ~」というビール。
甘いお酒はほとんど飲まなくなりました。
今は糖質ゼロ!!の言葉に魅了され、焼酎。
緑茶割にハマっています。「焼酎なんて飲めな~い」と可愛い事を言っていた私は、今いずこか?(笑笑)

安彦 清美 (事務)

よく使う方言に「んだごんたら」があります。
本当にすんなり自然に使っています。石川さんが よく使うよね。と私に言ってから自覚し始めました。
標準語より短くなるのが方言に多いですが、「だったら」よりよく使ってしまいます。
好きな方言です。

生田 保子 (看護師)

今年も甘いとうもろこしの種をまき、収穫を楽しみに肥料・消毒・草とりと気にかけ、去年より実も大きくなり、ホっと一息
そろそろかなー、えーっ、あらら ない、とうもろこしがない!
何物かにもぎとられ、きれいに食べつくされており、がっくり
夫がたぬき親子が畑から出ていく所を見たと
私達が食べてもおいしいと思うもの たぬきの親子もさぞかしおいしかったのでしょう
しょうがない、来年は早目にネットでかこんで保護してみよう

鈴木 吉美 (看護師)

運動会が雨の為日曜日に延期になり、天気も悪い為短縮バージョンになり、学年ごとの100M走がなくなり、がっかり・・・
学年1位をねらっていたのに~! リレーで3人抜きして1位になれたからいいかと思っていたら、後日100M走がありました~見事1位、そして学年1位に!!
10月にある空手の全国大会もこのままの勢いで全国1位になれますように!!

大場 憲雄 (検査技師)

初秋の候、皆様には昼と夜の気温の変化で体調を崩してなどいませんか?
さて、私事ですが今年の3月に心筋梗塞を患って、はや半年になります。お蔭様で体調も大分回復しています。今は軽い運動やお酒も嗜めるようになりました。
先生の話では、「お酒は血液の循環を良くし、軽い運動もする様に」但し無理はしない様に指示されています。友人からは「肉は控えて、野菜多く取るように」といわれます。”有難い事です”まずは体重を落として、周りの人に心配をかけない様にします。

スタッフ紹介

今回は第28回目です。今月のテーマは「今年やり残したこと」です。

院長 金村 應文

「今年やり残したことは医師会雑誌に投稿」が出来なかった事です。
今年はお正月から、家庭に不幸なことがありました。妻の入院もありました。
看病・見舞いと自分の時間を作るのが難しく、目標を立てる事すら出来ず今日に至ってしまいました。
ただ秋になり、念願の保養所を遠刈田温泉に購入することが出来、その素晴らしい温泉に癒されています。
その保養所で研修会やBBQなど色々な催しを、ずっと共に歩んできたスタッフと出来たら嬉しいと思います。

事務長 金村 恵美子

H26年4年前の12月のホームページで私は、
【「現状に満足せず、慢心せず、常に初心忘れず」の言葉を いつも心に留め、実行してするためには、個々の醸し出す雰囲気やしぐさ・言葉使い等、全ての要因がその人の印象となり、医院全体の印象になる事を、しっかりと心に留め、気持ちを引き締めて、向上していきたいと思います。】
と言っていました。
4年の歳月が経ち、果たしてしっかり実行できたのだろうか・・・・?
出来ていない項目をしっかり把握し、「良い雰囲気造り」をスタッフ全員で心掛け、更に信頼していただける医院として、頑張っていきたいと思います。

相馬 明子 (看護主任)

気が付けば、今年もあとわずかとなり、何もしないまま過ごしてきた1年だったかと思います。
やり残した事として、思い出したことは、干支である犬の手芸きめこみの作成です。去年の今頃購入し放置。先日、来年の干支の亥のきめこみを買って、まだ犬のキットを作ってなかったことを思い出した私でした。
そのうち作ろうと思って1年経ったことになります。それだけあっという間の1年でした。
今は、どっちを先に作ろうか悩んでます。

大隅 愛 (看護師)

私はDIYです。家の中をプチリフォームしようと思い、様々な資材を準備したのですが、何もできてないのです。
資材をそろえて満足してしまってます。
来年暖かくなったら始めようと思います。

石川 由紀 (事務主任)

あと、3kgダイエットしたくて心に決めた今年の春先。
6月のさくらんぼマラソン大会まで…。11月のラ・フランスマラソン大会まで…。それがなかなか落とせない体重。
でもまだ諦めず、12月の姪っ子の結婚式までには何とか目標達成し、15年前に着れたスーツにチャレンジしたいと思っています。

菊地 富士美 (事務)

昨年から計画していた黒部ダム旅行
今年は必ず行こう!!と意気込んでいましたが、結局行けずじまいでした。
来年こそは行きたいと思います。

安彦 清美 (事務)

行きたいと思っていた場所に行けてません。遊佐町にある丸池様。
湧水が水源の天然記念物で、エメラルドグリーンに輝く神秘的な池です。透き通るようなこの池は全国各地にあるようで、以前羅臼の神の子池、白神山地の青池を見て感動しました。
山形県にもあるのを昨年知ったのですが、行く機会を作れませんでした。来年夏にでも行ってみたいです。

生田 保子 (看護師)

それは植木鉢(サボテン、君子蘭、月下美人)の植え替えです。
今年は大丈夫と思っていて、冬支度を始めたらなんと鉢の底から根がはみ出しているーーー
あーやっぱり植え替えをするべきでした。
来年も花見が出来るように、春には植え替えをしたいと思います。

鈴木 吉美 (看護師)

もう少しで今年も終わりですね~。
私のやり残したことは、ずばりそうじ!!です
毎日やろうかなと思っていても見てみぬふりをしている水回りのそうじ。今年はやろうかな…

大場 憲雄 (検査技師)

はやいもので、平成30年も1ヶ月ちょっととなりました。今回のテーマが「今年やり残した事」ということです。
私事ですが春先に病気をしまして、今、このホームページを書けるのが奇跡なのです。「やり残した事」ぜいたくはいいません。いま健康でいるだけで十分です。来年は一年を通して健康でいられるように注意したいと思います。

スタッフ紹介

今回は第29回目です。今月のテーマは「新年」です。

院長 金村 應文

昨年はお正月から、家族に不幸なことがありました。妻の入院もありました。
看病・見舞いと自分の時間を作るのが難しく、目標を立てる事すら出来ずにあっという間に1年が過ぎてしまいました。
今年は、昨年やり残した事に、目標を立てて、チャレンジしたいと思います。

事務長 金村 恵美子

新年のご挨拶は、喪中につき失礼させていただきます。
昨年は、5月に急性白血病で息子を亡くし、6月に娘の嫁入り、8月に私自身の入院・手術と本当に沢山の事がありました。沢山の方に支えて頂きました。
『健康でなければ何事も始まらない……健康の大切さを痛感!!』
感謝する気持ちを持つ事と「健康で過ごす」をテーマに今年1年頑張ろうと思います。

相馬 明子 (看護主任)

あけましておめでとうございます。
皆さまはどんな新年をお迎えですか。
この一年も、健康で過ごし、良い年になるよう頑張りたいと思います。
息子は春になると家を離れ新しい生活をスタートさせます。
さみしいのですが、彼の成長を喜び笑顔で送り出したいと思います。

大隅 愛 (看護師)

明けましておめでとうございます。
昨年も患者様とたくさんの楽しいお話、学びとなるお話をすることが出来て、私の方が元気や癒しをいただいてます。
今年もコミュニケーションを大切に、努力していきたいと思います

石川 由紀 (事務主任)

実家の両親2人共、今年で80歳!
いつまでも元気で長生きしてほしいですが、離れて暮らしている私は年に3回程しか実家に帰っていないのが現状です
今年は温泉にでも連れてって一緒にのんびり過ごす時間を増やしたいと考えています

菊地 富士美 (事務)

新しい年号になるこの年が自分にとっていい1年になる様に、明るく・楽しく・元気に過ごしたいと思います。
今年もよろしくお願い致します

安彦 清美 (事務)

明けましておめでとうございます。
今年も、笑顔が沢山出るような1年になるといいと思います。

生田 保子 (看護師)

あけましておめでとうございます
今年は時間にゆとりをもち、コツコツと体力の現状維持に努め、笑顔でがんばりたいと思います
よろしくお願いします

鈴木 吉美 (看護師)

輝かしい年頭にあたり、皆さまのご健康とご多幸をお祈り申しあげます
本年もよろしくお願いいたします
元旦

大場 憲雄 (検査技師)

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いします。

スタッフ紹介

今回は第30回目です。今月のテーマは「新しい年を考える」です。

院長 金村 應文

昭和の年に生を受けあっという間の64年間だった気がします。
医者になり、医局の先輩方に見習い無給与の研修・修練と、懸命に生きてきたこれまでを思い出しています。
新しい年には、生前できなかった両親への感謝や、お世話になった方々に思いを寄せてみたいと思います。

事務長 金村 恵美子

新しい年号になる?変な感じですね。
平成の始まりの年・・・元年に、産みの母が亡くなり、父親の癌の手術があり、娘が誕生した。
その色々あった平成も31年間で新しい元号になるなんて。
新しい年には何か、自分を変える様なことしてみたいと思います。
まずは健康でなければ何事も始まらない!
健康である為に、先ずは身体造りからスタートしようと思います。

相馬 明子 (看護主任)

今年は元号が変わるという節目の年ですが、我が家としても転機を迎え、息子が東京へ
4月からは、これまでと違った生活になります。今は不安だらけではありますが、プラス思考にしてワクワクする気持ちを持って、楽しく過ごしていきたいと思います。

大隅 愛 (看護師)

元号が変わることで、私自身も何か変わろうか?新しいことを始めようかと考えましたが、無理はせず現状のまま、家族や周りの方々が幸せに過ごせるように、日々を大切にしていきたいと思います。

石川 由紀 (事務主任)

今年、新しい元号に変わる事で思う事は、隣の家で一人で暮らしている義母は、掃除、洗濯、食事の準備、お布団の上げ下げに、ほぼ毎日うちの愛犬のお散歩までやってくれてる尊敬するバーちゃん。
大正生まれの93才!
昭和・平成に続き、新年号になる今年も健康に気を使いながら、これからも元気に過ごしてほしいと思います。

菊地 富士美 (事務)

間もなく新元号に変わります。
平成最後の誕生日を意識的に迎える事ができるので、何か記念に残る事をしたいですね。
有給を取ると二連休にできるのも神様の仕業かも。とプラスな方向に考え、ちょっと計画してみようと思います。

安彦 清美 (事務)

私の人生で一番長かった平成を終え、3つ目の元号を生きることになります。諸行無常です。
変わりゆくものにその都度対応していけるように、日頃からの準備をしていかなければいけないのかなと思います。(楽しみながら…)

生田 保子 (看護師)

平成の年は北海道~九州、日本列島にかけて地震による災害が数多く発生され、多くの方が被災されました。今でも普通に生活が出来ない方が大勢おります。
新しい年は地震による災害が起きないような、平和な年であってほしいと思います。

鈴木 吉美 (看護師)

今年1月もスタートし、新しい年号になるという事で、私も今年は色々な事にちょうせんしてみたいなと思います。

大場 憲雄 (検査技師)

明けましておめでとうございます。皆様にとりまして今年一年、変わらず健康でありますようお祈りいたします。また、金村医院を宜しくお願い申し上げます。
さて、今年はいろんな意味で新たな年になります。5月には年号、金村医院は11年目として、私は健康を取り戻し新たな気持ちで進んで行きたいと思います。
今年は亥年、世間は猪突猛進と言いますが、私は笑って元気に楽しく一年を過せればいいと思います。

スタッフ紹介

今回は第31回目です。今月のテーマは「自分の時間の使い方」です。

院長 金村 應文

自分の時間は筋トレと読書に使っています。
筋肉が付き締まった理想の体をイメージしながらトレーニングをしています。
他の時間は、ソファーに座って本を読んでいることが多いです。
体改造の本だったり、マラソンの本や、小説などです。

事務長 金村 恵美子

仕事以外の時間は椅子に座ることなく過ごしてきた私でしたが、昨年の腰の手術以降は、(安静と言われたこともあり)TVの前に座り、ビデオを見ている事が増えました。
主治医の許可も出たので、そろそろマラソンでも始めようと思っているこの頃です。
また、「腸」にあまり興味が無いように思えた山形県民からの腸の講話依頼も増えてきたので、腸の大切さを一人でも多くの方に伝え、腸から健康を考えて頂けるような、講話になるよう準備をしたいと思います。

相馬 明子 (看護主任)

休日は2人の子供の予定が優先で、あちこち出かけてましたが、最近はそれぞれ友達と遊ぶことも多く、一人になると何をしたらいいのかわからず……。
子供たちと過ごしていた時は感じませんでしたが、自分も楽しんでました。
今後は買いだめていた手芸を、時間を気にせず作りたいです。

大隅 愛 (看護師)

なかなか自分の時間はつくれませんが月に1回くらい一人でラーメン屋さんや、カフェに行って本を読んだり、ボーっとして一人で色々と考える時間にしています。
今年は10連休があるのでどこか1日でも一人でのんびり過ごせたらいいなと、やりたいことを考えワクワクしています。

石川 由紀 (事務主任)

家族のそれぞれの仕事の時間が違う為、夜、一人で居る事が月に何回かあると、好きなビールを飲みながら、煮込み料理などちょっと手の込んだ物を作る事を楽しんでいる私です。

菊地 富士美 (事務)

只今、1人で過ごす時間があり余っております。
最近は近場の温泉に行き、1時間半~2時間程のんびりして過ごしたり、カラオケで1人盛り上がりをしています。
又、録画したドラマやバラエティーを見て、笑ったり泣いたり・・・
自分の時間を大事に過ごしたいと思います。

安彦 清美 (事務)

2月にクリスマスローズを貰ってきました。自分で管理してね、と母から言われ、愛情をこめて育て、見守ろうと思います。
お花、育てたことないので、調べたり周りの人に聞いたりして頑張ります。

生田 保子 (看護師)

春~秋にかけての私は、野菜作りが楽しいので自分の時間がなくてもいいかなー
ただ冬~春にかけて雪以外何もないので自分の時間がゆっくりとれるので、地区公民館主催のそばガレット教室やつる細工教室の講習会に参加、次回までの宿題も出されましたが、編む事が楽しく籠1個作成し、残ったつるでコースター作りに挑戦 なかなか納得した品物が出来ませんが、今は楽しんでいます

鈴木 吉美 (看護師)

私の時間の過し方は、子供が学校に行ったらまず家事や買い物を終わらせてからゆっくりゲームをして楽しむ事です。

大場 憲雄 (検査技師)

今年は例年にない暖冬で春の訪れも早くやってきました。「自分の時間の過し方」ということですが、今年はとにかく時間があれば健康に良いことを沢山やろうと思っています。
お菓子を我慢し、ウォーキングを始めました。ゴルフの練習も沢山やろうと思います。

スタッフ紹介

今回は第32回目です。今月のテーマは「令和になって」です。

院長 金村 應文

「希望に満ち溢れた、新しい時代を切り開いていく」 そんな願いが込められて、「令和」という新年号が決められたという、総理からの言葉がありましたが、毎日の様に報道される「いじめ」のニュース。
家族のつながりだったり、他人への思いやりだったり、生きる上でのそんな基本を、皆が学び直さなければ成らないのではと思います。
笑い声の絶えない、そんな家族の姿だったり、友人関係だったり、絆で繋がる社会だったり、
令和が、そんな時代でありますように願います。

事務長 金村 恵美子

仕事以外の時間は椅子に座ることなく過ごしてきた私でしたが、昨年の腰の手術以降は、(安静と言われたこともあり)TVの前に座り、ビデオを見ている事が増えました。
主治医の許可も出たので、そろそろマラソンでも始めようと思っているこの頃です。
また、「腸」にあまり興味が無いように思えた山形県民からの腸の講話依頼も増えてきたので、腸の大切さを一人でも多くの方に伝え、腸から健康を考えて頂けるような、講話になるよう準備をしたいと思います。

相馬 明子 (看護主任)

昭和に生まれ、平成で娘を授かり、息子を亡くし、令和では、どんな人生のイベントが待っているのでしょうかね?
生きている内にもう観戦する事の出来ない、日本で開催のオリンピック!
「スタッフ皆でオリンピック観戦に行きたいね!」と、チケットの申し込みを皆でしました。
開会式、皆で観戦し、令和の大きなイベントにしたいです(^_-)-☆
令和の一番最初のイベント「社員旅行inハワイ」
楽しんで来まーす。

大隅 愛 (看護師)

令和には「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」とゆう意味が込められているそうです。
昨今は心ない事件や事故が多くなっていますので日本人みんなが令和の意味を思いながら生活し、もっともっと住み良い日本になればいいなと思います。

石川 由紀 (事務主任)

「令和」になった5月1日の零時代に、私が子供の頃から兄のように親っているいとこに初孫が誕生しました。
「令和」になってまず最初の嬉しい事です。

菊地 富士美 (事務)

平成に変わった時は、昭和生まれが古いかの様に言われた気がしましたが、令和になった今、昭和・平成・令和と3つの時代をまたげた事を誇りに思い、気持ち新たに日々過ごしたいと思います。

安彦 清美 (事務)

平成から令和へ変わるときの日本は、新年のカウントダウンのような盛り上がりでびっくりしました。
3つ目の元号を生きることになりました。特に変わる事はありませんが「令和」の時代が災害のない平和な世の中であるといいと思います。

生田 保子 (看護師)

今まで野菜作りが楽しく、庭は草取りのみ行っていましたが、モクレンの木が枯れ、椿・ドウタンツツジなど枝折れが多数あり、令和になって庭をきれいにしたい
庭一面芝桜の群生にしたい(庭のまんなかにキャラの木もあり小さな庭ですが)と思い、畑の仕事の合間に少しづつ作業を始めています。
時間がかかると思いますが、楽しみです。

鈴木 吉美 (看護師)

新元号になって1ヶ月すぎましたね。皆様は何か変わりましたか?
令和になって私は何も変わりないです。この先何か変わるのでしょうかね?
何も変らずまた何十年後には元号が変わってそうですね。その時もまた新元号になったね~と話したいものです。

大場 憲雄 (検査技師)

このほど、天皇陛下の生前退位にともない、5月1日より、新元号「令和」となりました。TVによると、万葉集の「梅の花32首の序文」からの出典で初めて日本の歌集よりの引用だそうです。総理大臣の記者会見では「希望に満ち溢れた、新しい時代を切り開いていく」その他…と願いを込めましたが、私の願いは地震・津波・大雨などの水害・崖崩れのない穏やかな年号であってほしいと祈ってます。